ユーロ/円

ユーロ/円は132円割れが底固い中、上値が切り下がってきており、かなり狭いレンジに押し込められています。下値は131円50銭のサポートが強く、上値は133円30銭~50銭の抵抗線に阻まれそうです。結果、これまでの131円50銭~134円50銭レンジが継続しそうです。暫くレンジが想定される中で、ドル/円の111円50銭割れ、ユーロの1.1670割れだけケアしています。(12月18日9:51、1ユーロ=132円48銭)

ドル/円

先週のドル/円は包み陰線で終わり、ドルにとってあまり形良い結果になりませんでした。上値が重いものの、今週は下値トライに入れる可能性が高くなっている中でのクリスマス入りですので、今週も大きなレンジ111円50銭~114円50銭を抜け出す勢いはなさそうです。
このレンジ内で、上値抵抗線の113円30銭~50銭ゾーンを抜けないと、111円50銭~113円40銭位の狭い動きになりそうです。大きな材料は日銀の金融政策位で、まさかの追加緩和はしないと思いますので、横流れが続きそうです。今日は112円台後半中心になりそうです。尚、日銀の債券購入額が減っているとの数値もあるので、この辺り記者会見でどうなるか注目されます。(12月18日9:45、1ドル=112円79銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は材料出尽くしで、132円10銭サポートまで試しました。それでもまだ131円~134円50銭レンジは非常に強く、この内側131円50銭~133円90銭が中心レンジになりそうです。移動平均線などはユーロ底固く、日々のローソク足はユーロ弱くで、気迷い状態を脱しきれない感じです。どちらかと言うとユーロ弱い感じがしますが、ユーロ/ドルの1.1650、とドル/円の111円切れをウォッチし、レンジに対応するしかなさそうです。(12月15日10:05、1ユーロ=132円38銭)
それでは良い週末を!

ドル/円

13・14日で重要イベントをこなし、欧米共に一層の引き締め文言なく、ほぼ市場の予想通りになりました。ドルやユーロをロングしていた向きが持ち高調整し、ここ2日間でやや円高となりました。それでもドル/円はレンジを逸脱しておらず、まだ横這いが続きそうです。
これで、クリスマスまでは商い薄くなり、小動きになりそうです。NY株の動向だけ気にして、ポジションを張る感じです。今日の上値抵抗線は112円90銭、113円30銭、サポートは111円90銭~112円、111円50銭にあります。
来週、日銀の金融政策が開催されますが、この状況では全く変更なしになりそうです。日銀としてはもう一段の円安によりインフレマインドを醸成したいところでしょうが、国内景気も回復基調なので、一層の緩和は各国の理解を得られず、逆にテーパリングの話題を出すタイミングすら逸しそうな厳しい状況になってきました。来年はどうなるか注目されます。(12月15日9:58、1ドル=112円35銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は133円台で凪の状態になっています。133円90銭と134円50銭の抵抗線はそのまま残り、132円60銭と132円10銭サポートもそのままです。
今日はECBですが、金融政策では目新しいものは出ないと思いますので、ドラギ総裁の記者会見が注目されますが、現状では緩和も引き締めも示唆することはないと思います。万一どちらかを示唆すると大きく動きます。昨日のFOMC並みになれば133円台から抜け出すエネルギーはないと思います。これで動かないとクリスマス突入になります。その前の仏・独・ユーロ圏のPMI指数は注目されます。(12月14日10:05、1ユーロ=133円50銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク