ユーロ/円

ユーロ/円は131円80銭サポートをザラバで切りましたが、終値で132円台を回復しており、まだ突っ込めない感じです。ユーロ自体は弱い状態が続き、戻りは売りになっていますが、下値も固いので回転効かせる感じです。
上値は132円50銭~60銭、132円80銭、133円20銭~30銭に抵抗線あります。下値は131円60銭~70銭、131円20銭にサポートあります。今日もレンジは一番内側の抵抗線とサポートになりそうです。(10月17日10:10、1ユーロ=132円24銭)

ドル/円

ドル/円は111円70銭サポートに引っ掛かり戻されました。まだ111円台をこなせるだけの材料もエネルギーもない状態の様です。111円台には移動平均線も多いので、現状の株高傾向ではドルを売り切れないのかもしれません。
今日は一転して上値への戻りを探る展開になっていますが、下押しが少ない分上値も重く、結局狭いレンジに終始しそうです。抵抗線は112円50銭~60銭、112円80銭~90銭にあります。
暫くはレンジで対応し、相場の急変に備えておくしかなさそうです。(10月17日10:05、1ドル=112円24銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は132円台Lowまで下落しました。133円台には乗せられずに反落しているので上下共に抑え込まれています。どちらかと言えばユーロが弱い感じです。それでも131円80銭サポートが強いので、ここを切ったらとの条件が付きますが。それまでは132円台中心の狭いレンジになりそうです。上値は132円70銭~80銭と133円20銭~30銭に抵抗線控えています。(10月16日10:05、1ユーロ=132円38銭)

ドル/円

金曜日のドル/円は111円90銭を割って終わりました。ドル下落リスクが高まっています。
今週はこの111円台をどの様に料理するのかがポイントになります。通常のサポートが111円70銭、111円40銭、111円10銭にありますが、この他に111円台には移動平均線が数多あるので、非常に上下しやすいレベルになりそうです。また、ここを料理しても110円10銭~20銭サポートが強くなっています。上値は112円60銭~113円30銭ゾーンに強い抵抗線控えています。
さて、最近株と為替の相関も薄れており、今日も日経は21,300円まで乗せているにも関わらず112円台乗せにも苦労しています。ここ数週間の株高からすると既に114円付近になってもおかしくないと思いますが、この狂いの内容が理解し難くなっています。
そもそもファンダメンタルズ的には株高は自国通貨高ですので、本来なら円高ですが、ここ数年間で銘柄物色が外需主導から内需転換になっているからかもしれません。相場の材料が変わってくると一時的には混乱するので要注意です。(10月16日9:55、1ドル=112円08銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は133円10銭サポートを切り、次の132円70銭~80銭サポートで止まりました。今日はこのサポートがポイントになります。下に切れば132円30銭~40銭までの下押しがありそうで、ここを維持すれば133円台への戻りはありそうです。
ドル指数が横這いになっているので、ドル高にもユーロ高にも綱引きの状態です。従い、クロス円も方向性が出難い相場になっています。
但し、ユーロ買いは日々気が進まない感じになっています。今日も回転売買に留めておいた方が良さそうです。(10月13日19:58、1ユーロ=132円91銭)
それでは良い週末をお迎えください!
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク