ユーロ/円

ユーロ/円はECB待ちになります。ユーロ自体は先行きの強気を維持していますが、136円台半ばのチャート形状が少し悪くなっているので懸念されます。場合により押し目待ちになりそうです。サポートとしては134円50銭が重要ですので、ここを維持できるか、133円の強いサポートまで試すのかとなります。
上値は136円80銭越えて終れば新たな視界が開けてきます。木曜日のECBとそのあとの総裁記者会見が注目されます。(1月22日9:58、1ユーロ=135円55銭)

ドル/円

ドル/円は嵐の前の静けさになっています。今週は日欧、来週は米国で金融政策が発表されます。日本は既に大規模緩和を実施してから丸5年が経過しようとしています。2年でインフレ目標達成のはずが先延ばしになり、2019年に目標インフレ達成との見立てですが、日銀展望レポートでどの様な先行き経済見通しがでるか注目されます。また総裁任期を迎えますので、再任されるか交代するかが材料になるかもしれません。欧州ECBは「9月」に関する文言がポイントになりそうです。
目先の相場はこの大イベントを控えているので、動き難いと思われます。

最初の日銀金融政策自体は追加緩和するとは思えませんので、市場予想通りの据え置きになりそうです。ましてや出口戦略に言及するとは思えませんのでこのまま素通りになりそうです。テクニカルでは当面110円割れで終わるか否かがポイントですので、日銀材料のどの箇所に喰い付くかでセンチメントが解りそうです。(1月22日9:48、1ドル=110円65銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク