ユーロ/円

ユーロ/円は次第に上値が重くなっています。1年以上に亘るユーロロングの持ち高調整する時間帯入りの可能性が、景気・金利格差に勝ちそうな展開です。131円を切れば確認できると思います。それまではまだレンジと決め、ショートしてもロングしても手仕舞いの回転売買になりそうです。
今日の上値は132円70銭~80銭、133円10銭に抵抗線が控え、サポートは131円50銭~60銭、131円00銭~10銭にあります。サポートはまだ前者が強い感じです。(2月22日9:55、1ユーロ=131円96銭)

ドル/円

ドル/円は107円台後半で終わり、暫くレンジとなり、昨年と同じ様な展開になりそうです。但し、FOMC議事録内容から、米10年債金利が大幅に上昇し、NY株価が景気回復に反応せず、金利高に嫌気したので、今月初に起きた展開が終わっていないことを示した模様です。この債券安と株安のシンクロナイズが完全とは言えませんが、今後1週間程度で、この傾向が続くと先々のドル下落には注意となります。この場合にはドル/円の105円50銭、NYダウが23,360ドル、金利の3%台乗せが判断の分岐点になりそうです。
今日の上値抵抗線は107円90銭、108円30銭~40銭、サポートは107円20銭、106円80銭~90銭にあります。(2月22日9:50、1ドル=107円55銭)

ユーロ/円

ユーロ/円はドル全面高の中で、単体が同じ割合で動いているので、全く値幅ない相場になりました。この通貨ペアは131円割れか134円台乗せかで決めて、それまではレンジで対応になりそうです。
まだ金利差でユーロ買い、1年以上に亘るユーロ買われ過ぎの調整売りの両天秤にいます。
今日は132円80銭、133円20銭に抵抗線あります。サポートは132円10銭~20銭、131円80銭~90銭にあります。(2月21日9:57、1ユーロ=132円69銭)

ドル/円

ドル/円は海外市場で107円台に戻して終わり、東京市場のドル買いを誘うような水準で終わり、東京市場は素直に買っています。このまま107円台後半で終われば、暫くはレンジ相場になりそうです。昨年同時期のアナロジー相場の様です。
その意味で、今日の終値は重要になります。107円以下で終わるか107円80銭越えて終るか注目したいと思います。
今日のサポートは107円10銭、106円70銭、106円40銭にあります。抵抗線は107円80銭~90銭、108円20銭にあります。(2月21日9:50、1ドル=104円48銭)

ユーロ/円

ユーロ/円もドル/円が動けないので、132円台前半中心のレンジになっています。この通貨ペアはテクニカル的にはユーロ弱い形ですが、金融政策格差ではユーロ>円になっており、この材料に挟まれています。やはり131円を切って終わるか、134円台乗せて終らないとトレンドが出難い感じです。1年以上に亘るユーロ高の調整期間に入るのか継続するかの狭間にいる様です。上値は132円70銭、133円10銭に抵抗線、下値は131円90銭、131円50銭にサポートあります。(2月20日9:59、1ユーロ=132円50銭)

ドル/円

ドル/円は完全に勢いを失くしています。今日は連休明けのNY市場待ちの様相です。目先の地合いはドル底固く107円台に戻してもおかしくないですが、昨日同様に東京市場はエネルギー不足です。
今日の下値は105円50銭~60銭サポートが強いのですが、その前に105円90銭と106円10銭にも軽いサポートできています。
昨年も年初からドルが下落して、2月中旬以降横這いしており、そのパターン踏襲すると今回は3月下旬入りまではレンジ推移も想定する必要あるかもしれません。これは決算控えた日本要因になります。果たしてレンジになるか抜け出してくれるか、105円割れと110円台乗せがポイントになります。(2月20日9:50、1ドル=106円75銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は久しぶりに131円台でNYが終わりました。強いサポート131円00銭~50銭トライを残すのみとなっています。割れて130円サポートという心理的壁もありますが、この131円を割れてNYが引けてくれれば一段の調整に入れそうです。
もしユーロ/円が130円を切る勢いになった場合に、ドル/円で円高なのか、ユーロ/ドルでユーロ安かを注目しています。
今日のサポートは131円60銭~70銭、131円00銭~20銭にあります。上値は132円50銭~60銭、132円90銭に抵抗線控えています。(2月19日10:45、1ユーロ=131円92銭)

ドル/円

先週のドル/円は先に105円台突入し、強いサポート105円50銭~60銭までトライ。週末要因で106円台に反発しましたが、現在は戻りも弱く株高に反応できていません。やはり1年以上に亘るレンジから脱却したばかりの円買いですので、エネルギーを貯めていたのかもしれません。しかもシカゴポジション等は依然としてドルロング円ショートが積みあがっているので、これをどのタイミングで解消するのか注目しています。
今日のサポートは105円60銭、105円10銭にあり、上値抵抗線は106円80銭~90銭、107円10銭~30銭にあります。(2月19日10:35、1ドル=106円21銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は遂に133円を切って終わってくれました。下値は最初のサポート132円50銭まででしたが、上値の戻り幅が予想外に少なかった感じです。
これで131円00銭~50銭ゾーンのサポートまでは再度トライできる態勢になっています。この131円を切ってくれればかなり大きな流れが付いてくれると思いますが、それには積み上がっているシカゴ筋のユーロロング、円ショートポジションの巻き戻しが後押ししてくれそうです。
今日のサポートは132円50銭、132円00銭~10銭にあります。上値は133円40銭、133円70銭、134円20銭に抵抗線控えています。(2月16日10:05、1ユーロ=132円99銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

ドル/円は戻り少ないまま106円まできました。何故かあと5銭弱程度で105円台が見られるのですが、下値トライを躊躇しています。NY株がここ数日堅調で、今日の日本株も大幅高になっており、突っ込めない感じです。少なくとも東京市場では株価が前日比マイナスにならない限り難しそうです。
上値は107円00銭~30銭ゾーンがこれまで1年以上に亘り守られてきたサポートなので、これから先はここが最初の抵抗線になります。大きな戻り高になるにはこの抵抗線をクリアになくてはなりません。下値は105円90銭にサポートありますが、強いのは105円50銭~60銭にあります。月内で先に105円トライしてからの戻りになるのか、先に売り場を与えてくれるのか今日の終値に注目しています。(2月16日9:58、1ドル=106円29銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク