ユーロ/円

ユーロ/円は攻防の分岐点131円00銭~80銭ゾーンを維持できず、再び131円未満になっています。ユーロ自体は弱いので、下値リスクの方が大きいですが、当面は130円台前半のサポートと129円半ば以下のサポートが強くなっているので、今日の底割れは難しい感じです。
来月以降に再度129円台前半のサポートを切れるか試す時間帯があると思われ、本来のサポート127円~128円方向に行けるのか、このサポートを守り切って132円台を回復し、更に昨年来からのユーロ高トレンドに回帰できるかとなります。
特にこの通貨ペアの四半期足も寄り値が135円台でしたので、少なくとも月足ベースで133円台に乗せ、四半期末で135円に近付く陽線が、次のユーロ高の条件になりそうです。
今日の終値ベースで131円台に乗せて終われるか否かで来月初の動きはどちらが先になるか示唆してくれそうです。(3月30日10:10、1ユーロ=130円75銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

今日は実質東京市場のみで、午後から極端に商いが薄くなりそうです。10時の中値が付いたら、細かなディールに徹する以外なさそうです。また、旧英国系の国は来週月曜日も休場ですので、月曜日はロンドン市場がなく、東京からいきないNY市場に行く感じになります。
今日は106円半ば中心の小動きになりそうです。サポートは106円10銭~20銭、105円80銭、抵抗線は106円70銭、106円90銭、107円20銭にあり、両方の内側レンジで動きそうです。
さて、今日は日足~四半期足まででき、特に注目されるのが四半期足になります。1月は112円台半ばで寄り付いたので、このままでは大陰線引けになります。あまりの陰線の大きさに仮に6月末までは戻り高をトライしても、9月末はかなり厳しい形になりそうです。
月足も2月の大陰線が効いており、先々は下値リスクが高くなっています。これらを解消するにはどこかの月末で110円台に乗せて終わることが必要になります。何か特別なドル買い材料が必要になります。
一方で、下値は104円切ると、101円付近が視野にはいりそうです。ここまで行けばシカゴもロングからショートに切り替えてきそうです。来月以降の相場が楽しみになっています。(3月30日9:51、1ドル=106円45銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク