ユーロ/円

ユーロ/円も長期のテクニカルチャートではユーロ下落リスクが高くなっています。引き続き131円00銭~80ゾーンが分岐点なので、132円30銭以上でNYが終わった場合のみ注意しておきます。一方で下値は129円台Lowがまだ固くなっているので、一段安には129円割れの確認が必要と思われます。
暫くレンジで見ておいた方が良いかと思いますが、気になるのはシカゴポジションのユーロ・ロングが非常に大きく、ドル/円がほぼスクエアになったことです。この先、ユーロだけ更にポジションを積み上げてくるとは想像し難いので、ユーロ・ロングのポジションを手仕舞いしてくるとクロス円にも影響がでてくるかもしれません。(4月2日9:58、1ユーロ=130円96銭)

ドル/円

金曜日はやはり動けず、結果として四半期足は大陰線、月足はトンボに近い陰線で終わり、ドル弱いながらも、直ぐに新値を更新できる形になっていません。まだドル下落リスクの方が高いので当面は売り場探しになりそうです。
現在は106円台後半、107円30銭がポイントになりそうです。下値は105円80銭、105円30銭にサポートあります。
今日は元英国系の国が休場で、欧州時間帯は空白になりますので、大きな取引玉でると値が飛びやすくなっています。
この先は、世界的に株価も不安定ですので、米国株中心にどの様に動くか、貿易戦争はどの様な展開生むのかが焦点になりそうです。また、東アジアの地政学リスクが減じられていますが、米朝主役の台詞は変わり易いので注意を怠ると、とんでもないことが起こる可能性あります。(4月2日9:45、1ドル=106円25銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク