ユーロ/円

ユーロ/円は一段高トライできるか、このまま現状水準が高値になるのか分岐点125円台にいます。現状では125円40銭~50銭、125円80銭~90銭の抵抗線が強く、126円台乗せて終わらないと127円~128円方向の芽が出てきません。
1つの判断材料はユーロ/ドルが確り1.16台に乗せて終ることが必要で、この場合はユーロの126円絡みをテストする動きが先行する感じです。逆にユーロがこれまで通りのレンジで推移すると、ドル円の上値が重くなってきたので、ユーロの下値リスクが高まってきそうです。この場合は123円40銭~50銭のサポートが重要になります。
今日は124円70銭~80銭、124円30銭にサポートあります。(1月31日14:45、1ユーロ=125円15銭)

ドル/円

昨日のFOMCはほとんど市場の予想通りの内容となり、結果米金利軟化から株買い、米国との金利差縮小で、為替はドルが若干売られました。これで昨年予想された2019年3月利上げの可能性はほとんど無くなった模様です。次回3月20日FOMC前後で、市場が想定している6月利上げの話題が上がるのか否か、この前後の経済指標動向になりそうです。
昨日の市場は株高を受けて、金利差だけのドル売りにも限界ありました。現在の108円70銭~80銭には強いサポートあり、ここを抜けて終わってくれれば今回のドル上げは小休止になりそうです。今度は下値を試す流れになります。108円30銭、107円80銭にあるサポートを維持できないと、東京市場の年初安値106円台後半が視野に入りそうです。上値は109円30銭~40銭が少し重くなりました。越えても109円80銭に強い抵抗線があり、110円が少し遠くなった様です。(1月31日14:30、1ドル=108円77銭)

ユーロ/円

昨日のユーロ/円も再度125円台ワンタッチしましたが、越えて終れず、今日も124円台後半中心に推移しそうです。上値は125円30銭~40銭、125円70銭~80銭に抵抗線あり、サポートは124円40銭、124円10銭にあります。
今日のBrexit絡みで英議会の採決に注目集まりますが、先週は楽観論がでていたので、混乱すれば、意外に材料視されるかもしれません。強いサポート123円40銭~50銭か強い抵抗線125円80銭を試す勢いになれば、ドル/円にも波及してくると思いますが、何もなければ124円40銭~125円20銭程度に収まりそうです。(1月29日10:20、1ユーロ=124円78銭)

ドル/円

ドル/円は109円台のみの動きが続き、今日も抜け出す勢いが感じられません。もし109円10銭~20銭にあるサポートを切っても108円80銭~90銭サポートを試すだけで、終値は109円台の感じがしています。上値は109円60銭、109円80銭~90銭に抵抗線あり、後者越えが少し厳しくなっています。
今日はロンドン時間に英議会のBrexit離脱案の採決が予定されており、採決結果ではポンド・ユーロが大きく動く可能性があり、結果クロス円に響いてくる流れになりそうです。もし採決延期なら無風状態になりそうです。(1月29日10:10、1ドル=109円21銭)

ユーロ/円

金曜日のユーロ/円は125円台付けるまで戻るとは思いませんでした。但し、ユーロ攻防の分岐点125円70銭~80銭の抵抗線は強いので、ここを抜けるだけの勢いは感じません。今週はユーロ/ドルの1.1570越えがあるか無いかを見て、もしあるようだとユーロ/円はレンジに入るか、125円80銭を試す流れになり、もしこれまで通りの1.13~1.1550レンジなら、再度123円40銭~50銭をトライする流れになりそうです。
ドル/円が年始の乱高下で膠着状態になっており、動けない状況からみて、クロス円の動きで端緒を付けると見ています。(1月28日10:10、1ユーロ=124円75銭)

ドル/円

ドル/円は引き続き109円90銭と110円40銭の抵抗線が残っています。今日は先週初以上に上値が重くなっています。まだ108円90銭~109円サポートが効いているので、ここを切って終わらないとドル下げのエネルギーも出て来ない感じです。
今日の東京市場では朝方から下値をトライしていますが、少なくとも東京時間では108円90銭を切って行くだけのトライが出来るとは思えない感じです。従い、海外時間でもこのサポートが維持されると、暫く109円台中心の小動きに終始しそうです。
またクロス円の買戻しで金曜日は110円方向に行きましたが、今週はこのクロス円からの動きが、ドル/円のレンジ相場から脱出の可能性を広げてくれるか注目しています。
(1月28日10:00、1ドル=109円32銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は124円を切り、若干ながら125円台トライは遠のき、123円40銭サポートを試す流れにいます。まだ対円ではユーロの底抜けにはなっていないので、123円台前半ではポジションを軽くする動きになりそうです。
その相対のユーロ/ドルもまだ1.1260と1.12の2つのサポートが強いので、もし1.12までトライした場合にユーロ/円の123円40銭がどの様な形になっているのか注目しておきたいと思います。(1月25日10:30、1ユーロ=124円05銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

ドル/円は昨日の変わらず、109円90銭と110円30銭~40銭の抵抗線が生きています。下値は109円30銭~40銭にサポートが出来ており、切れれば109円00銭~10銭程度までの押しが見られそうです。東京では上下トライするエネルギーないので、109円40銭~90銭間で終始しそうで、海外になってどちらに抜けるか楽しみです。
クロス円の買戻しになると110円方向で、クロス円が一段安になると109円方向の感じがしています。(1月25日10:15、1ドル=109円70銭)

ユーロ/円

ユーロ/円も引き続き124円台中心になりそうです。次の相場展開のためのエネルギー充電期間になっています。
上値は124円95銭~125円が結構重くなりました。越えてくれれば125円30銭、125円60銭~70銭付近までの余地が出てくると思います。下値は124円10銭~20銭、123円60銭~70銭のサポートが強くなっているので、新たなトレンド形成には後者割れが必要になっています。やはりユーロ/ドルの動きが鍵を握っている感じです。(1月24日10:15、1ユーロ=124円77銭)

ドル/円

ドル/円は110円丁度までありましたが維持できず、さりとて109円を割る勢いもないので、昨日と全く同じ状況です。抵抗線は109円90銭~110円、110円30銭~40銭にあります。サポートは109円20銭に軽いのがありますが、108円90銭~109円、108円40銭~50銭にあります。
まだNY株価が不安定なので、米中貿易を材料とした報道はどちらのサイドもあり得ると思います。本来株価と米中貿易摩擦は何年か先の将来にかけて、管理貿易の影響による企業収益への波及から、次いで株価への影響となりますが、現状では株価安定に材料視されている感じがしています。(1月24日10:05、1ドル=109円58銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク