ユーロ/円

ユーロ円は126円70銭~80銭の抵抗線をこなして行けずに反落しました。まだユーロドルがレンジ推移なので、クロス円もユーロ高に抜けないと思います。逆にドル円が110円20銭を下回ってくると、ユーロ円の下値リスクが高まりそうです。
今日のサポートは125円50銭~60銭、125円10銭にあります。後者切れると一気に124円60銭付近まで下がりそうです。上値は126円20銭、126円70銭に抵抗線あります。
(3月22日10:48、1ユーロ=125円88銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

ドル円はFOMC後、金利差縮小方向のドル売りの動きになりました。ただ昨日の相場は、米株が金利軟化を好感して大幅高になったので、為替もドルの買い戻しになっています。
この先は、景気の先行き鈍化懸念で、流石の米企業も収益の伸びが昨年末予想したものより下方修正されているので、金融緩和だけで株価を下支えするには弱いと思います。もし中国の景気鈍化が鮮明になってくると、世界に及ぼす影響はかなり大きいので、米1人勝ちの状況が怪しくなります。この先の時間経過で景気堅調が続いて行くのか、それとも日米欧の金融緩和だけでは解決つかないのか、現在のレンジ相場が大きく動き出す可能性が高くなりそうです。今日は110円30銭にサポートあります。上値は111円20銭、111円60銭に抵抗線控えています。(3月22日10:40、1ドル=110円72銭)

ユーロ/円

ユーロ円はこれまでの126円30銭付近終値を15銭程度上となりました。短期的にはユーロ高方向ですが、現在東京市場がトライしている126円70銭~80銭の抵抗線、更に127円台前半の抵抗線をこなさないと一段高狙いになれません。
下値は126円00銭~10銭、125円80銭サポートを守っている限りは押し目を拾いたいですが、現在の高値を買って行くだけの相場にはならないと思います。
ロングしても確り手仕舞いした方が良さそうです。少なくともFOMCまでは逆張りが効きそうです。(3月20日10:30、1ユーロ=126円75銭)

ドル/円

昨日のドル円は小動きとなりFOMC待ちの様相でした。しかし現在の東京市場は111円00銭~60銭レンジの上限越えまで来ています。この上は111円90銭ですので、FOMC前にそこまでトライするエネルギーあるか少し難しいと思います。
もし111円50銭付近で欧州市場が始まり、そして買い上げてくれればこのロングを手仕舞いできますが、それがないとFOMC前に持ち高調整がでそうな感じです。まだ上記のレンジ内で動く可能性があります。
24時間みると、111円90銭と112円20銭をトライする材料になるか(株高・ドル買い)、あるいは111円割れで、110円60銭、110円10銭~20銭サポート狙いになるか(金利差縮小のドル売り)、これにより来週以降の相場展開にも繋がると思っています。(3月20日10:22、1ドル=111円68銭)

ユーロ/円

ユーロ円はやはり上下してもまだ126円30銭に戻ってくる感じです。上値は126円60銭~70銭の抵抗線が効いており、下値は126円00銭~10銭にサポートあります。更に、この下の125円80銭サポートをこなさないと短期ユーロ高トレンドライン下限の125円30銭までが遠くなります。上値は126円70銭の抵抗線越えで127円台前半トライになりますが、今日は上下共に抜け切れずに、FOMC待ちの様相になりそうな気配です。
ユーロドルの1.14台乗せ、1.12割れがユーロ円相場を引っ張りそうですので、FOMCでどうなるのかを注目しています。(3月19日9:45、1ユーロ=126円16銭)

ドル/円

相場は完全と言っていい程、明日のFOMC待ちの態勢に入っているようです。緩和基調継続の内容になりそうですから、これが株高に繋がりドル高になるか、日米金利差縮小でドル売りになるかの判断待ちになりそうです。万一、緩和基調織り込みで株価が下がるようだとこれはドル売りしかないですが、その場合でもトランプ政権の口先介入の可能性が強まります。米中貿易交渉合意間近でしょうか?
この材料を無視して、テクニカルでは111円00銭~10銭サポートが重要になっています。切れると110円台前半までの下値余地が出来ます。上値は111円60銭の抵抗線をこなせば、111円90銭、112円20銭の順に試せる流れになりそうです。従い、今日の24時間で111円00銭~60銭レンジなら、FOMC待ちになりそうです。(3月19日9:39、1ドル=111円30銭)

ユーロ/円

ユーロ円は上に行きたいけれども、126円30銭絡みの抵抗線に邪魔されて動けないのが今の相場になっているようです。127円20銭と127円50銭の抵抗線までトライ出来る余地を残している様ですが、先週の動きで126円60銭絡みにも上値抵抗線が出来ています。この抵抗線をこなさない限り上値は重いままです。
一方で下値は少しずつユーロが切り上がっており、その下限125円30銭サポートがポイントになります。但し、ここまで行くには125円80銭~90銭サポートをきる必要がありますが。Brexit絡みでユーロの方向線が不透明なので、まだレンジ決め込んで上下抜けたらついていく方が良そうです。(3月18日10:15、1ユーロ=126円33銭)

ドル/円

ドル円は111円台半ばで終わり、ドルは上下共に抑えこまれています。ポジション的にはどちらかと言えば、ドルロングを抱えて112円台乗せを期待する向きが多くいる様です。従い今週のFOMC期待でドル買いして112円台に乗せないと、最初の強いサポート111円00銭~10銭までの押し目があり、その際に一段下押しできるか、再度止められるのかをウォッチすることになりそうです。止められた場合は時間経過で112円狙いをする動きになりそうですが、それでも抜けないと本当に狭いレンジになりそうです。今週は意外に相場を決める重要な週になりそうです。尚、FOMCの緩和基調の文言は、金利差で言えばドル安材料ですが、緩和で株高を見込む向きにはドル買い材料と捉えられています。(3月18日10:10、1ドル=111円55銭)

ユーロ/円

昨日のユーロ円も126円30銭の抵抗線に実態部分で止められ、昨日はヒゲだけ上抜きました。今日も東京市場で再度126円台後半までトライしていますが、126円30銭絡みまで反落しています。この通貨ペアも一段のユーロ高にするには、126円40銭以上で終わることが必要です。それでも127円10銭~20銭の抵抗線が非常に強いので、中々ユーロを買い進めて行く訳には行きません。本格的なユーロ高トレンド作るにはやはりユーロドルでの1.1450越えが欲しいところです。逆に125円10銭~20銭のサポートを切って終わると、123円40銭~50銭の強いサポートまで以外と早く落ちる可能性が出てきます。勿論ユーロドルの1.12割れには注意が必要になります。(3月15日13:15、1ユーロ=126円33銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

昨日のドル/円は日銀の追加緩和期待に111円台半ばの抵抗線を抜けて終わりました。取り敢えず最初の関門を越えはしましたが、111円90銭~112円の強い抵抗線に止められており、更に日銀が現状維持を公表したことで111円台半ばまで反落しています。このまま111円50銭~60銭を維持できれば海外時間で再度上値トライの可能性を残しますが、もし111円50銭を切ってしまうと再度111円台前半の流れになります。
昨日から過度な期待でドル買いしているので、ポジション的にはあまり良く無い感じがしています。引き続き、ここまでのロングを生かすには112円台でNYが終わることが最低でも必要になりそうです。一方で111円00銭~10銭サポートが強くなっているので、短期ドル高トレンドの下限110円を狙うにはやはり111円割れの終値が欲しい感じです。(3月15日12:55、1ドル=111円60銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク