ユーロ/円

ユーロ円はクロス円の円買いが続き、昨日は124円20銭付近まで下落し、今日は124円00銭のサポートを試した様です。ユーロドルが1.1160ドルを切れたので戻りが弱くなり、ある程度ユーロ下落の安心感が市場にでている模様です。
この相場はユーロドルの1.12台乗せで終わるか、ユーロ円の123円40銭未満での終値に注目したいと思います。前者の場合はまだ暫くレンジ推移で、123円50銭~126円10銭中心になりそうです。後者の場合は新たなユーロの底値確認の旅に入れそうです。
それでは5月7日にまた再開予定です。長い休みになりますが、英気を養ってください!
(4月26日10:45、1ユーロ=124円48銭)

ドル/円

昨日のドル円は112円20銭~30銭の抵抗線に止められ、下限は111円40銭のサポートに止められました。現在は先行きドル全面高か円全面高かのせめぎ合いになっています。
112円40銭越えの終値、110円60銭割れの終値で確認できそうです。来週1週間東京不在の中、数多あると言われる上下のストップロスを付けにいく相場になりそうです。
今日は昨日と同じレンジに中心を置き、暫く110円60銭~112円40銭レンジを想定しながら、年初からここまで収斂した相場のレンジ抜けを、スマホ見ながら確認するGWになりそうです。(4月26日10:35、1ドル=111円77銭)

ユーロ/円

ユーロ円は124円台まで入りましたが、頑張っています。ユーロドルが重要サポートを切れたので、今日・明日の動きで騙しにならないとクロス円の円買いがリスク少ないかもしれません。
上値抵抗線が125円60銭、125円90銭、126円20~30銭にあり、最後を越えて終らない限りはユーロ安地合いが続きそうです。下値は124円70銭~80銭、124円30銭にサポートあり、後者切れるといよいよ来たかの123円40銭が見えてきます。(4月25日9:59、1ユーロ=125円12銭)
尚、今日のユーロはドル円とユーロドルのスワップの違いに掛け算内にスワップコストがのっています。

ドル/円

ドル円はスワップ狙いのドル買いに上昇しました。NYは株安・債券高にも関わらずドルが買われました。やはり10日間のスワップは効きます。今日は5・10日ですので、午前中はドルが底固く、午後は日銀金融政策と総裁記者会見があるので、円高になることは言わないのでそこまで安心感あると見ているようです。上値は丁度112円20銭~30銭の抵抗線で止められており、越えれば112円70銭、113円10銭、113円50銭~60銭の順にトライする相場になりそうです。下値は111円80銭が固く、切れれば111円40銭~50銭サポートになります。もし後者を切れば昨日・今日が当面のドル高値になります。
さてこの中で円安発言を出すか否か注目されます。(4月25日9:50、1ドル=112円22銭)

ユーロ/円

ユーロ円はやはり下値トライしました。125円40銭のサポート切れまでで、125円10銭~20銭は守っています。この水準を割ると124円台のサポートをこなして行く訳ですが、ユーロの上値が重くなり、戻りが限定され始めます。逆にサポート維持できれば、125円90銭、126円20銭~30銭、126円80銭の順に抵抗線を試す流れに入れます。
ユーロドルの1.1160切れか、ドル円の111円割れで、ユーロ円は大きく下落し、両方を維持できれば126円方向に戻れる可能性が高くなりそうです。(4月24日10:00、1ユーロ=125円55銭)

ドル/円

今日が対円での高金利通貨売りの金曜日スポットになります。明日は一気に10日間のスワップがかかります。高金利ショートが今日どの様にでてくるのかが1つのポイントです。
また、シカゴはドル円で大きくロングを持っているので、金利が享受できています。ドル指数が微妙なレベルにいるので、連休中に一度ドル上げして東京勢のストップを付けてから手仕舞いするのか、あるいはスワップ取りでロングを手仕舞いしてくるのか、明日の動き如何になります。
これを含めて、今日も111円50銭~70銭ゾーンのサポートを維持できるのか、111円台前半までトライするのか注目されます。逆に上値は112円30銭の抵抗線を越えていけば、連中期間中は買いから入るかもしれません。この上には112円60銭~70銭、113円20銭、113円50銭~60銭の順に抵抗線があります。(4月24日9:50、1ドル=111円92銭)

ユーロ/円

ユーロ円は完全に上値が抑え込まれており、3月底値からのサポートを切り始めています。125円台前半には幾つかのサポートありますが、126円80銭越えでの終値が無い限り、戻りは売りになりそうな展開です。この手前の126円20銭~30銭にも抵抗線あります。
一方で重要なサポートは125円40銭~50銭、125円10銭で、後者切ると、更に上値への戻りが少なくなります。今日の東京市場でここまで攻めるとは思いませんでしたが、この水準でロンドン・NY迎えると少し動きそうな気配です。(4月23日10:20、1ユーロ=125円65銭)

ドル/円

昨日のドル円は10銭レンジしかなく、やはり動きませんでした。このまま行くと、東京市場の居ぬ間に動くことも予想されます。流石に10連休ですので、一方的にドル買いにしても売りにしても一方通行にはならないと思います。例えばドル急伸して114円台になったとしても5月7日明けには113円台前半まで戻すとか、逆に110円割れになっても111円絡みで戻すとか、年初の様な展開を想定しています。従い、今週中にその端緒が出てくるか否かになります。もし10日間のスワップ見込みで今週水曜日まで金利差ある、ドル、南アランド、トルコリラ、メキシコペソなどを、対円や対ユーロで買うと、期間中に逆の動きになる可能性も出てきます。水曜日NY終値から木曜日東京寄りまでの動きが1つポイントになりそうです。もしこれが起きなければ、連休中の売り買いになりそうです。
さて、今日は111円60銭~70銭サポートをどの様にするのかを注目しています。NY終値で111円60銭未満ですと、ドル高トレンド内での下押しに入る可能性が出てきます。この場合は111円10銭~20銭、110円90銭、110円40銭~50銭の順にサポートあります。上値は112円20銭、112円60銭に抵抗線あります。(4月23日10:15、1ドル=111円69銭)

ユーロ/円

ユーロ円は予想外に動きました。PMI指数にこんなに反応するとは意外でした。仮に押しても126円台に戻れるかと思いましたが、重要サポートポイントの125円60銭で止められて、戻りが弱かった状態です。
4連休控えて、さほどユーロロングが多いとは思いませんでしたが、全てロングを切ってきたような動きです。残っているのはシカゴのユーロショートだけの様です。
今日は上記の125円60銭サポートを切って終わるのか否かになります。維持できれば125円台後半中心、126円台ワンタッチの動きになりそうです。抵抗線は126円30銭にあります。
本来のユーロ安トレンドへの回帰はまだ先とみていますが、ケアだけして対応したいと思います。(4月19日10:25、1ユーロ=125円78銭)
それでは良い週末をお迎えください。尚、月曜日は休稿しますので、宜しくお願いします。

ドル/円

ドル/円は弱いユーロ圏PMI指数にクロス円の円買い、強い米経済指標にドル買いとがぶつかり、やはりレンジに収まりました。今日から4日間はグッドフライデーとイースターマンデーで欧州中心に休場です。今週のレンジ自体40銭しかないので、今日も112円挟んで小動きになりそうです。時間足では111円88銭~112円06銭で収斂しているので、東京時間ではここを抜ける勢いは無さそうで、NY時間でも少ないディーラーの中で仕掛ける動き(材料?)も無いと思われます。レンジ抜けの場合、下値サポートは111円70銭、111円40銭で、上値抵抗線は112円30銭、112円80銭にあります。それでも内側が精一杯になりそうです。(4月19日10:10、1ドル=111円95銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク