ユーロ/円

ユーロ円も121円割れるか否かのところまできました。既にユーロ安方向のシグナルが出ていますが、ユーロドルがどちらに動きがまだはっきりしていません。もし1.11を割って行くようだと、対円でのユーロ下落は早くなり、1.1220を越えていくとようだとゆっくりとしたユーロ下落になりそうです。サポート120円80銭、120円40銭~50銭がクロス円での動きを決めそうな感じです。(5月31日14:30、1ユーロ=121円27銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

ドル円は遂に109円を割れてきました。トランプ大統領が米中貿易交渉はうまく進んでいるとの株価下支え発言ありましたが、同時に米10年債金利も2.25%を割れて、株高ではドルが買えなくなってきました。トランプ大統領の目論む株高、債券高(金利安)、ドル安の構図になっています。但し、株高は現在の米景気は織り込んでいるものの、先行きの企業業績ダウンは織り込んでいないので、低金利でのドル借入で自社株買いしか、株高を支える手立てが無いようなところまで来ている感じです。
一方で、移民問題をメキシコに押しつける関税上げ発言をしており、形振り構わないトランプ発言の効果がいつまで持つか興味あります。
今日は108円70銭~80銭、108円40銭~50銭にサポートありますが、前者下回って終わると、来週以降のドルは弱い形から入りそうです。上値抵抗線は109円40銭、109円80銭~90銭にあります。少なくともドル堅調になるには今日の終値が109円台半ばにしたいところです。(5月31日14:00、1ドル=108円95銭)

ユーロ/円

ユーロ円もザラバで122円サポートを切りましたが、終値ではギリギリのレベルで戻しており、まだ突っ込み売りがし難い感じです。トレンド自体ユーロが弱いので、下値リスクが大きいですが、ポジション的には対ユーロで円ロングを持ち易い状態ですので、ユーロショートは溜まり易いかもしれません。
今日は122円30銭を越えていくと戻りが大きくなりそうです。抵抗線としては122円60銭、122円90銭~123円、123円40銭にあります。サポートは121円50銭~60銭が少し固くなっています。(5月30日9:59、1ユーロ=122円05銭)

ドル/円

ドル円は109円00銭~20銭ゾーンに止められて反発しました。まだこのサポートが強そうです。むしろロングを取っている感じがするので、暫くの間は時間調整になるかもしれません。
一方で上値はこのサポート維持のために、ショート筋は買い戻しをしている感じで、ショートのストップロスを炙り出すにも上値を買って行くだけのポジション量では無いような気がします。減ってきたとはいえ、シカゴ筋のドルロング、店頭FXのドルロング積み増しを考えると時間経過で危ない場面が出るかもしれません。トランプ大統領の株価安定発言により、早く株価が戻ることが必要になりそうです。(5月30日9:50、1ドル=109円60銭)

ユーロ/円

ユーロ円はザラバで122円を切ってきましたが、まだ騙しの範囲内です。先々ユーロ下落リスクが高くなっている様ですが、ドル円同様に122円切れのNY終値の確認が欲しいところです。上値は122円50銭、122円80銭に抵抗線ありますが、強いのは123円40銭で、ユーロ高方向に行くにはこの抵抗線越えの終値で確認したいものです。(5月29日10:40、1ユーロ=122円20銭)

ドル/円

ドル円は109円台前半まで落ちてきました。109円00銭~20銭ゾーンはまだ強いサポートになっており、少なくとも東京時間では下抜けない様な気がします。もしトライするにしても海外勢に託す以外ありません。また、トランプ大統領は帰国したことで、再び弱いNY株に貿易協定の妥協を仄めかすツウィートをする可能性もあり得るので、突っ込んで売るにもリスクありそうです。当面は日計りで対応して、NY終値で1080円80銭未満になったことを確認してからのドル売り直しが良さそうです。
今日のサポートは109円00銭~20銭、108円80銭にあります。上値抵抗線は109円50銭~60銭、109円80銭~90銭、110円20銭にあります。ドル弱い状態を脱するには最後の抵抗線を越えることが重要になりそうです。(5月29日10:30、1ドル=109円45銭)

ユーロ/円

ユーロ円も下がり切れずに122円台で時間調整になっています。これまで同様にユーロドルが全く動けないので、クロス円もレンジを抜けるには厳しい感じです。
クロス円自体は122円10銭絡みでダブルボトムを付けているので、次回トライが重要になります。下抜ければ120円方向の可能性が広がり、逆に抜けないとユーロドルのレンジ抜けまで待つ形になります。レンジを上抜ければユーロ円は123円越えて124円トライになる可能性が高まり、下限を割れば120円方向になりそうです。当面は122円00銭~123円30銭を見てレンジ対応するのが良さそうに見えます。(5月28日9:30、1ユーロ122円65銭)

ドル/円

ドル円は109円台で膠着になっています。東京市場では株価が堅調なので109円台半ばを挟んで上下20銭~30銭を見ておけば済みそうです。上値は109円90銭、110円20銭~30銭に抵抗線があり、越えれば強い110円60銭~70銭の抵抗線狙いに入れます。
一方で下値サポートは109円40銭、109円00銭~10銭で、後者抜けると新たなドル下落に繋がり、年初の東京市場の底値107円台半ばトライになりそうです。流れはドルが弱いので、その水準を何時トライできるのかとなりそうです。このドルの弱さを払拭するには111円20銭越えのドルの戻りが必要になり、現状ではかなり厳しい状態です。(5月28日9:21、1ドル=109円53銭)

ユーロ/円

ユーロ円も目先のダブルボトムまでトライしました。それでも終値で122円50銭サポートを維持したので、ドル円同様に今日の東京市場は売りきれないと思われます。122円50銭絡みのサポートを切るトライは海外時間帯になりそうです。そして海外もまだ122円を割る勢いは無さそうです。ユーロ円の下押しリスクはユーロドルの1.11割れだけをウォッチになりそうです。
上値は123円40銭が更に重くなり始めており、この手前の122円90銭~123円にも抵抗線あります。ユーロドルが1.12台に確りと乗せてくると、123円絡みの動きに戻りそうです。それまでは122円台後半のレンジになりそうです。
それでは良い週末をお迎えください。来週は火曜日からスタートしますので宜しくお願いします。(5月24日10:00、1ユーロ=122円65銭)

ドル/円

ドル円は109円50銭サポートまできました。次のサポートは先週の底値109円00銭~10銭のダブルボトムになりますが、NY市場が来週月曜日に3連休となる休場になるので、今日の東京市場ではフォロースルー無いとの見方で、目先の109円50銭サポートの方が強いかもしれません。上値は110円00銭、110円30銭~40銭の抵抗線が強くなっています。
また、日本株は押し目になると定例の買い出動の動きもあるので、中々落ち難いと思います。それでも3月以来の21,000円割れになっており、時間かけて買っても、買っても22,500円を越える流れになれず、下値リスクの方が大きくなり始めているのが気にかかります。(5月24日9:50、1ドル=109円72銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク