ドル/円

ドル/円は雇用統計予想値のハードル下げでドル買いになりましたが、NYダウの大幅安で買いの勢いも減じられました。
元々ADP社の12月・1月の2か月計は47.6万人で、NFPは同36万人ですので、いくら統計の集計違いと言っても、過去はほぼ同じトレンドからすると、2月のNFPもかなり良い数値がでてもおかしくありません。
従いまして、金利上げが4回になろうが、3回のままであろうが、利上げすることに変わりないので、長期金利の株価への影響が問題になります。金曜日にNYダウが大幅安になりましたが、まだ12月の陽線と比較して半分も下落していないので、月内で下値ポイント25,000ドルを割れるか、単なる買われ過ぎの調整に留まるか、これからの動向次第になります。但し、金利高が株に影響を与えることは確認できましたので、これまでの様な株高には幾分釘が刺された様です。
株と為替の相関が無くなった今、金利高・ドル買いになるか、米資産収縮・ドル売りになるか注目されます。
今日のサポートは109円60銭、109円10銭~20銭、抵抗線は110円40銭、110円80銭~90銭にあります。(2月5日10:00、1ドル=109円85銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク