ユーロ/円

来週のFOMCとECBで引き締めが起こり、前者は利上げ、後者は緩和縮小で、一方の日銀は円安頼みの据え置きですから、まだ円全面安の傾向が続きそうです。13日・14日がそれぞれの発表日ですので、早ければ明日のNY時間帯、遅ければ12日位までは円売りポジションを抱えているかもしれません。米国の利上げはほぼ決定事項なので、あと年内2回あるか、欧州は緩和縮小スケジュールを示せるか否かになります。
上値抵抗線は130円30銭、130円60銭~70銭、131円10銭にあります。サポートは129円50銭、129円20銭にあります。後者切れて終わると、取り敢えずはユーロ買いは飛びつきしないで押し目待ちになりそうです。(6月7日9:38、1ユーロ=129円85銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク