ドル/円

先週金曜日はドルが反落し、かろうじて109円10銭~20銭サポートを守りました。目先はここが下値ポイントです。上値は110円30銭の抵抗線が強くなり始めていますが、この手前の109円90銭にもあります。
今週はイベント週で、FOMCとECBの他に12日米朝首脳会談、15日の米株SQがあります。無風のBOJ金融政策もありますが、材料視はされないと思います。
既に終わったG7の内容は非常に悪いもので、貿易摩擦問題継続・ロシアのG7復帰を願う米国・G7合意の米国不承認など、いずれ問題視されると思います。とりあえず、12日までは回転効かす売買に留め、13日のFOMC議事要旨、14日のECBドラギ総裁記者会見が注目ポイントです。前者は年内2回・来年3回利上げは織り込んでいるので、この回数上回る内容あればドル買いになりそうです。後者は10月以降の債券購入額の変更に言及すればユーロが買われそうな材料になりそうです。(6月11日9:33、1ドル=109円44銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク