ドル/円

ドル/円は111円80銭の抵抗線手前でお辞儀し、111円台前半で終わりました。ドル底固い状況は続くものの、上値も非常に重くなっています。ドル買い材料出尽くしの中で、新たな買い材料でてもあまりインパクトある材料では無いので、ドル買いが続かないようです。貿易収支からくる需給要因や購買力平価でのドル高値圏を勘案すると、上値追いをし難いのかもしれません。

今日から色々と材料がでます。今日のトルコ中銀金融政策を皮切りに、BOE、ECB、スイス、BOJと続き、26日のFOMCまでの間には何かしらのトレンドがでると期待しています。
まず、今日のトルコ中銀が何もしなかった場合にドルにとって最初の試練がきそうです。対リラではドル買われても、新興国リスクに円とスイスが強くなる可能性が高いと思います。予想通りの利上げ幅あれば、リラの買い戻しとなり、この場合は対ユーロで米ドル売りになりそうです。トルコ中銀までは111円10銭~70銭レンジで保合いでしょうか。(9月13日10:01、1ドル=111円44銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク