ドル/円

米10年債の金利上昇が株価に影響を与えました。今日以降もこの傾向が続くのか、単なる株高調整の材料にされただけなのか判断できませんが、配当利回りと金利の関係はこれから何度も議論にのってくると思います。リスクフリーで3.5%以上の金利が取れれば、株から債券へのシフトはある程度起こると思われます。それがトレンドになるのか、一部アロケーションの変更だけになるか注目しています。
さて、今日は雇用統計で、既にADP社の数値が好調だったので、NFPの予想18.5万人は20万人程度まで織り込んでいそうです。その範囲の数値になると、失業率や時間給の数値に目が移ります。従い、次にこの結果次第で、10年債が3.2%に乗せてくるとドルは買われそうで、逆に3.15%を割ってくると、ポジション調整売りになりそうです。
今日の抵抗線は114円50銭~70銭、115円10銭、115円60銭にあり、どこまで上値トライ出来るか、下値サポートは113円70銭、113円40銭にありますが、後者を下回って終わると。目先のドル上げは怪しくなります。米金利次第になりそうです。(10月5日10:01、1ドル=114円10銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク