ドル/円

ドル/円は明日の米中間選挙(大勢判明は東京時間水曜日午後)まで動けなくなった感じです。金曜日はトランプ大統領の中間選挙向けの対中国貿易トークで株買いになりましたが、どこまで票が伸ばせるか微妙です。
現在までのところ、上院は共和党が過半数獲得、下院が接戦との予想で、場合により民主党が過半数獲得の見方もあります。従い、双方とも共和党の場合、株買いに繋がるか確認したいところです。
1945年以降の中間選挙年のS&P500の騰落率は、共和党大統領の場合は平均7.4%、民主党の場合は平均3.9%で、どちらもプラスを記録しています。2017年12月末のS&P500は2673でしたので、先週金曜日までの成績は+1.87%ですので、かなりの見劣りになります。もし例年通りなら、共和党大統領ですので、平均からみれば2870ポイントでの年末終値になります。そこまで行けるか明日の結果次第になりそうです。因みに共和党大統領時の最大プラスは+45.1%、最大マイナスは▼29.7%です。
先週までの米経済指標は引き続き好調で、10年債は再度3.2%台乗せになっているので、このまま推移すると再び金利高と株価の戦いが始まりそうです。
今日の抵抗線は113円40銭、113円80銭~90銭、サポートは112円70銭~80銭、112円30銭~40銭にあります。(11月5日9:50、1ドル113円24銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク