ドル/円

相場は完全と言っていい程、明日のFOMC待ちの態勢に入っているようです。緩和基調継続の内容になりそうですから、これが株高に繋がりドル高になるか、日米金利差縮小でドル売りになるかの判断待ちになりそうです。万一、緩和基調織り込みで株価が下がるようだとこれはドル売りしかないですが、その場合でもトランプ政権の口先介入の可能性が強まります。米中貿易交渉合意間近でしょうか?
この材料を無視して、テクニカルでは111円00銭~10銭サポートが重要になっています。切れると110円台前半までの下値余地が出来ます。上値は111円60銭の抵抗線をこなせば、111円90銭、112円20銭の順に試せる流れになりそうです。従い、今日の24時間で111円00銭~60銭レンジなら、FOMC待ちになりそうです。(3月19日9:39、1ドル=111円30銭)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク