ドル/円

ドル円は底固い展開が続きますが、まだ106円80銭~90銭の抵抗線まで到達できないでいます。今日の海外でトライしてくれるかもしれません。もしそこを越えれば107円20銭~30銭の抵抗線狙いになれそうです。
昨日のドル買い材料は、これまでNY株価が不安定でしたので、すかさず米国からファーウェイ制裁の猶予期間延長の相場追加支援材料がでました。この手の話で為替や株価が戻すといずれ不幸な事態になる可能性が高くなりますが、それもやむを得ない感じです。
今日は106円00銭~10銭のサポートが守られる可能性が高く、切れば105円70銭~80銭付近までの押しになりそうですが、レンジを大きく逸脱する動きにはならないと思います。(8月20日10:01、1ドル=106円63銭)

ユーロ/円

ユーロ円もレンジ商状です。毎週上値が切り下がってきていますが、117円40銭~50銭のサポートがまだ強いままです。上値は118円80銭~90銭に抵抗線があり、変な買いが入れば119円40銭付近までの上値がありそうです。
暫く117円40銭~118円90銭レンジで、売り場探しの感じです。突発の買いにだけ注意しておく感じです。(8月19日10:20、1ユーロ=118円01銭)

ドル/円

ドル円は底固くなっていますが、それでも106円台前半のレンジを抜け出す勢いが見られません。海外時間帯に入り、いつも変な買いで106円80銭~90銭までトライできるかもしれません。仮にこれを越えても107円20銭の抵抗線をこなすには余程の材料が必要になりそうです。一方で下値は106円丁度が少し固くなっています。切れても105円50銭~70銭ゾーンを破るだけの力はないと思われます。
海外勢は今週末までは夏休みのピークですので、まだレンジ推移になりそうです。薄商いの中で乱高下だけ注意した方が良さそうです。(8月19日10:12、1ドル=106円39銭)

ユーロ/円

ユーロ円も下限・上限を守りきり、上ヒゲ長い線がでたので、今日は下限の117円60銭~70銭ゾーンをトライして、下抜け出来るか否かになりそうです。抜いた場合には117円40銭、117円10銭の順にトライすることになりそうです。上値は119円以上が非常に重く、ここまでトライするには118円30銭以上での終値が必要になります。東京時間では118円30銭が重いので、海外時間でどこまで上がり、その水準以上で止められるかによりそうです。(8月16日10:10、1ユーロ=117円81銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

昨日も上下のレンジを固めただけで、抜け出す勢いがありませんでした。今日も105円70銭~106円70銭のレンジで推移する感じです。東京時間では更に狭い105円80銭~106円40銭レンジで済みそうな感じです。海外勢は来週一杯まで夏休みを取るディーラーも多いので、このまま来週一杯まで動けないかもしれません。
来週以降の値動き期待には、少なくともNY終値で105円70銭未満か107円以上で終わることが必要になりそうです。(8月16日10:00、1ドル=106円11銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク