ユーロ/円

ユーロ円はうまく122円30銭の抵抗線までトライし、反落しました。これで121円40銭~50銭サポートをどの様にするかがポイントになります。もし切れないとまだ暫く121円台後半中心のレンジになりそうです。ユーロドルも1.1270の関門まできており、1.1330狙う勢いになると、クロス円は横這いになりそうです。従い、ドル円の107円40銭切れで、ユーロドルが1.12台でステイした場合に121円40銭を切る可能性が高まりそうです。(7月11日15:50、1ユーロ=121円71銭)

ドル/円

ドル円は重要なサポート108円10銭を切りました。昨日のパウエル議長発言で株高、ドル安、債券高になったので、うまくいったところだと思います。相場が余りに違った方向にいくと、下院証言を緩和するような上院証言になりますが、この流れですと米国には問題なく、今日の上院でも同じ内容を踏襲しそうです。
これで上値は108円20銭~30銭が重くなり、108円60銭、108円90銭~109円の順に抵抗線となりました。再度上値トライするには108円30銭越えの終値が必要になりそうです。下値は107円70銭、107円40銭~50銭にサポートあり、後者切ると再び106円台のダブルボトムを試す流れになりそうです。(7月11日15:40、1ドル=107円99銭)

ユーロ/円

ユーロ円も122円台に乗せましたが、122円30銭の抵抗線まではトライできませんでした。まだ地合い的にはいける感じはしますが、仮にロングしても手仕舞いした方が良いと思います。下値は121円台半ばが固くなって、結局今日も121円台後半の狭いレンジに終始しそうです。ユーロドルが弱いながらも動けないので、勢い付き難くなっています。1.1150を切るか、1.1270を越えるかです。(7月10日11:10、1ユーロ=122円01銭)

ドル/円

ドル円は依然としてドルが底固いですが、上昇力も強く無く、まだ109円を前に誰も高値を買う勇気が無いようです。海外勢に任せる感じです。その場合は109円20銭~30銭の抵抗線トライになりそうです。一方で、下値は108円50銭~60銭サポートが強くなっており、ここを割っても108円10銭があります。
今日・明日はパウエル議長のテスティモニーですので、東京時間の23時までは動けないかもしれません。(7月10日10:58、1ドル=108円92銭)

ユーロ/円

ユーロ円は122円台が中々重い感じです。今日も122円台乗せを突っ掛けるも直ぐに121円台に戻されます。ユーロドルがかろうじて1.12を維持しているので、クロス円も突っ込めないですが、1.1190を割ってくると121円台Lowまでは早いかもしれません。逆に1.1270を越えるユーロ高になると、122円30銭の抵抗線をこなすことも想定する必要がありそうです。(7月9日13:45、1ユーロ=121円99銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク