ユーロ/円

ユーロ円も124円90銭をザラバで切っただけで、NY終値は確りと125円台でした。今日も同じ動きに留まりそうです。
下値は124円80銭~90銭、124円40銭~50銭にサポートあり、東京市場では125円割れは難しいと思います。上値抵抗線は125円40銭~50銭、125円80銭にあります。ユーロ円は126円30銭を越えない限り、戻りは売りになりそうです。(4月11日10:45、1ユーロ=125円30銭)

ドル/円

ドル円は少し下がりましたが、110円90銭~111円サポートに止められています。昨日のNY終値でも111円台でしたので、まだ突っ込めない感じです。但し、ザラバで下抜いたので、ドル安の端緒だけ残した様です。
昨日のNY株小幅高で、今日は日経が買われているので、東京市場での110円90銭切れは難しい感じで、もし海外も株高なら111円台前半中心でドル底固く、企業業績悪化で株安なら110円90銭割れでの終値が期待できそうです。4月も中旬に入り、この小動きがトレンド作りになるのか注目しています。
上値抵抗線は111円30銭~40銭、111円70銭にあります。サポートは110円50銭、110円10銭~20銭になります。(4月11日10:35、1ドル=111円10銭)

ユーロ/円

ユーロ円は次第に上値が垂れてきた感じです。まだ125円丁度付近のサポートが効いているので、この通貨ペアも124円80銭未満でのNY終値確認で売り直しの感じです。
今日のECBは悪材料出尽くしの感があるので、追加緩和を示唆する内容か、実際に追加緩和しないとユーロ売り材料にはなりそうにありません。逆に3月のECB理事会を踏襲するようだと、ユーロが底固くなりそうです。
次いで出てきそうなトランプ対EUはお互いの関税賦課エスカレートになると、円買いが多くなりそうです。トランプがこの様なブラフを継続していることは、米中貿易問題も重要な点での合意は出来ず、懸案事項の先延ばし程度に収まりそうです。その条件を中国が飲めるか否かになりそうです。今日の上値抵抗線は125円50銭~60銭、125円90銭にあります。下値は124円90銭サポートです。(4月10日10:40、1ユーロ=125円12銭)

ドル/円

ドル円は依然として狭いレンジに終始しています。目先のサポートを抜けて下値リスクが高くなっているものの、110円90銭~111円00銭の比較的強いサポートを切る勢いが見られません。ここを切って終わったことを確認してからの売り直しにして、今日は110円90銭~111円50銭レンジ中心の小動きとみておいた方が良さそうです。
今日、このレンジをブレークする可能性がある材料としてはECBか米対EUの関税問題の行方次第になりそうです。ユーロドルとユーロ円から影響を受ける形になります。従い夜の20時半までは上記の111円台前半に収まりそうです。(4月10日10:30、1ドル=111円15銭)

ユーロ/円

ユーロ円は堅調に推移しましたが、まだ125円台前半中心のレンジに留まっています。125円60銭の抵抗線を越えれば125円90銭、126円20銭~30銭までのトライになりますが、後者までには少なくともユーロドルの1.13台乗せが必要になりそうです。
一方で下値は125円00銭~10銭が少し固くなっています。切れれば124円40銭~50銭までの流れになりますが、この場合はユーロドルが1.12台前半で小動き、ドル円の111円割れでしょうか。(4月9日10:10、1ユーロ=125円38銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク