ユーロ/円

ユーロ/円は128円以下がサポートされました。まだ127円80銭、127円40銭~50銭のサポートが健在です。木曜日の売りがあまりに売られ過ぎですので、仮に先々ユーロ安になるにしても、少し時間調整が必要と思います。後者のサポート切れで売り直しにして、戻り売りしては、手仕舞いの感じです。上値は128円50銭~60銭、128円90銭、129円10銭~20銭に抵抗線あります。(6月18日9:39、1ユーロ=128円05銭)

ドル/円

ドル/円は再度110円80銭~90銭の抵抗線に阻まれました。111円30銭~40銭が依然重いままです。下値は110円10銭~20銭にサポートありますが、切ると109円50銭~60銭、109円10銭サポート狙いになります。
今週の経済指標は米国の住宅関連指標しか大きな材料なく、現在の予想は前月より改善見込みなので、もし予想以上になれば金利強含みからドル買いになりそうですが、これだけではドル買い上がれないと思います。
一方で貿易戦争が激化しているので、この材料はこれから本格化・継続・長期化しそうです。トランプ政権の11月中間選挙の主要戦略ですので、おいそれと妥協する訳にいきません。最近ではNAFTAまで決裂状態ですので、最悪、米国対残り全世界になりそうです。この場合は世界GDP鈍化になりそうです。(6月18日9:33、1ドル=110円50銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は一気に129円のサポートも切れて、128円絡みまで下落しました。昨日のECBでここまで落ちる内容ではないと思いますが、何故ここまで売られるか不思議です。
シカゴのユーロロングポジションが多かったのか、あるいはECBでの引き締め期待のロングが大きかったのか謎です。
この先のユーロは下落リスクが高いままですが、今日のところ128円以下はあまり売りたくない感じです。上値は128円50銭~60銭、129円10銭に抵抗線あり、後者越えないと来週以降は底値確認の動きが継続になりそうです。サポートは127円70銭、127円40銭にあります。(6月15日9:45、1ユーロ=127円88銭)
それでは良い週末をお迎えください!

ドル/円

ドル/円は陽線引けになりましたが、まだ110円80銭~90銭の抵抗線が守られています。現在はユーロの全面安になっているので、ドル高傾向の中でクロス円からの円買いで上値も限定されそうです。それでも下値の110円絡みが固くなってきているので、突っ込んでの売りも避けた方が良さそうです。今日も110円台中心の動きになりそうです。
抵抗線は110円90銭の他に111円30銭~40銭にあります。111円50銭を越えて終ると景色が変わりそうです。サポートは110円20銭、109円80銭~90銭にあり、後者切って終わると来週初は下値トライから入りそうです。(6月15日9:38、1ドル=110円60銭)

ユーロ/円

ユーロ/円は130円台前半の抵抗線がまだ有効になっています。ここを越えても130円60銭~70銭が強く、この抵抗線をクリアしない限りは130円80銭~131円80銭ゾーンを試せないまま、ユーロが緩みそうです。地合いはユーロが底固いですが、今日のECBが底固くしているので、イベント通過後はユーロの下落リスク高くなりそうです。これを回避するには10月以降の緩和縮小を示唆する必要あります。
今日のサポートは129円50銭~60銭、129円10銭にあります。(6月14日9:52、1ユーロ=130円08銭)
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ 
お勧めのFX口座


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

橋本 光正

Author:橋本 光正
大手商社の本社・NY支店で金融、特に為替相場中心に携わる。経験は20数年以上に及ぶ。資産運用アドバイス会社を経て現在に至る。経験を活かしたテクニカル・ファンダメンタル分析を得意とする。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク